本文へスキップ

磁気には時計の精度を狂わす力があるのでしょうか。

時計と磁気

磁石の影響

時計の精度/磁石の影響

電気製品や携帯電話、家具やバッグの磁石など身の回りには磁気を発生する製品が多くあります。 突然時計が止まったり、極端な遅れや進みを生じるようなら磁気の影響を受けている 可能性があります。 アナログクオーツ時計やコンビネーションクオーツ時計は、針を動かす動力に磁石の性質を 利用したモーターを駆動させる方式を採用していますが、このモーターは外部から強い磁気を 受けると影響を受けてしまいます。 これが時計の止まりや遅れ・進みの原因となることがあります。 磁気によって狂いの生じた時計は故障しているわけではありませんので、磁気から 遠ざければ再び正常に動き出します。 置き場所を変え、あらためて正しい時刻にセットし直して使用しましょう。


機械式時計の影響

機械式時計もクオーツ時計ほどではありませんが、強い磁気を受けると時刻のずれが生じる 場合があります。 機械式時計は一度磁気の影響を受けてしまうと、磁気から遠ざけてもムーブメント内部に 影響が残り後々まで精度に影響を及ぼします。 そうなると脱磁が必要になりますので修理に出さないと直りません。 また磁気ネックレスや携帯電話は強力な磁界を発生しますので、時計を外して置く場合や カバンに入れる場合、磁気ネックレスや携帯電話と一緒にしないように注意しましょう。 磁気の発生する物のそばに長時間置いておくと、影響を受けてしまいます。 具体的な耐磁気性能は製品ごとに違いますので、詳しくは各メーカーにお問い合せ下さい。


静電気の影響

乾燥した冬季に時計が大量の静電気を受けると誤動作を起こし、誤った時刻を表示したり 電子部品が破壊する場合があります。 置時計が正常に作動しない場合は使用してる環境に問題がある場合もありますが、 どこに設置しても動作がおかしいと感じるようなら一度点検に出すことをお勧めします。 メーカーのお客様相談窓口に相談してみましょう。 液晶表示の時計の場合、静電気の影響で一時的に液晶の点灯していない部分がにじむ現象が 発生することがあります。 表示が多少おかしくなるだけで機能に影響はありませんので、場所を変えて様子を見ましょう。 静電気が放電されれば表示も元に戻ります。